沖縄の貸切バスは競走が激しい

沖縄といえば、観光の街で、沖縄県内の観光には貸切バスが使われています。
団体旅行で沖縄を訪れた場合は、専属の貸切バスで、1日沖縄県内の観光をする観光バス会社もたくさんあります。
個人で沖縄に行った場合でも、パッケージツアーで貸気にバスを使った乗合の観光ツアーバスもあります。

このように貸切バスが行き交う沖縄では、バス会社同士で激しい競争が行われています。
昔は料金でいろいろと競争していましたが、現在は安全性を重視していて、価格は国から決められた範囲内でしか設定できないため、サービスの面で激しく競争をしているようです。

お客の要望には出来るだけ答えるようにしたり、料金が適切な価格で設定できるため、貸切バスの設備を充実させたり、ソフト面のサービスをより重要視したりしているバス会社もあります。

利用者との接客サービスの面でも以前に比べると、丁寧な対応をするバスガイドはもちろんのこと、運転手も運転だけではなく、乗客に対する接客にも力を入れています。
このように、過酷な競争は今の沖縄では続いていて、各社試行錯誤をしてからいろいろなサービスを打ち出しています。
バス会社の増加に、旅行客の減少が重なっていて競争は激化してきているのは確かです。