貸切バスの安全性はどんなことで管理されているの

近年、貸切バスの安全性について問われるようになりました。

昔は、価格競争が激しく、バス会社が安全性を無視したバスの管理を行い、格安貸切バスで運営しているところがあったのは確かです。
長距離バスでの事故が多発したために、政府による規制が厳しくなり、料金設定の下限と上限が定められていて、今では安さより安全面を重視した管理体制をどこのバス会社でも行われるようになりました。
そのおかげで、運転手の勤務状況の改善や、貸切バス自体の安全性を樹脂した管理を怠ることができなくなりました。

今の貸切バスは以前に比べると雲泥の差で、より安全性には重きを置かれています。
運転手の疲労を考慮した運転計画や、安くするために高速道路を使わずに、一般の山道を利用させることもなくなってきています。
このように、貸切バスの安全性は改善され確保されているようです。
国による監視体制も整ってきていて、バス会社はその基準に従って安全管理を行っています。

その安全基準の評価には2つ星と3つ星というものがあり、日本バス協会が認定をしている安全性対策の貸切バスの評価があり、これをバス会社選びの基準として選ぶことができます。
貸切バスをご利用される際の目安として参考にしてみてください。